30min CustomApps

Build your own application worth using

値一覧の選択肢を絞り込んで入力を楽にする

値一覧の選択肢を条件によって絞り込むには自己連結のリレーションシップを設定します。

 

1.リレーションシップグラフで照合フィールドからリレーションシップ線を一度外にドラッグし、そのまま同じフィールドに戻すと「リレーションシップの追加」ダイアログが表示されるので[OK]ボタンをクリックします。

f:id:BeansWorks:20181021184829g:plain

 

2.同じテーブルが作成され2つのテーブルがリレーションシップで繋がっています。実体は同じテーブルが結合しているので「自己連結リレーションシップ」となります。 

f:id:BeansWorks:20181021195843p:plain

 

3.[ファイル]-[管理]-[値一覧]をクリックして「値一覧の管理」ダイアログを表示させます。

f:id:BeansWorks:20181021200546p:plain

 4.[新規]ボタンをクリックし、「値一覧の編集」ダイアログで「フィールドの値を使用」をクリックします。次に「最初のフィールドの値を使用」で「TBL_住所録」を指定してから「都道府県」を選択して[OK]ボタンをクリックします。「値一覧の編集」画面に戻ったら[値一覧名]を「都道府県」に変更して[OK]をクリックします。

f:id:BeansWorks:20181021202020g:plain

 

5. 同様に「市町村」の値一覧も作成します。フィールドの指定は[次のテーブルから関連レコードの値のみ含める]オプションを選択します。これにより都道府県で選択したレコードに関連した市町村のみが選択できるようになります。

f:id:BeansWorks:20181021204829p:plain