30min CustomApps

Build your own application worth using

アドオンテーブルで機能を簡単に追加する

アドオンテーブルとはFileMakerPro17から追加された新機能です。現在のレイアウトの元になるテーブルに、次の条件のいずれか 1 つを満たす主キーフィールドがある場合、ポータルを配置することでリレーション定義などテーブル設定を行わずに予め用意された項目を持ったテーブルを追加することができます。

 

【アドオンテーブル追加条件】

 •フィールドで自動入力シリアル番号が使用されている。

 •フィールドで自動入力計算が使用されており、その中に Get (UUID) または

  Get (UUID 番号) 関数が含まれている。

 •フィールドが計算結果を保存する計算フィールドで、Get (UUID) または

     Get (UUID 番号) 関数が含まれている。

 

【アドオンテーブルの追加方法】

1.レイアウトモードでフィールドにポータルを配置し、「ポータル設定」ウインドウを開く。

f:id:BeansWorks:20180902135730p:plain

2.「レコードを表示:」項目のプルダウンメニューで[新規アドオンテーブル...]を選択する。

f:id:BeansWorks:20180902135938p:plain

 

3.「アドオンテーブル」ウインドウで項目を選んで[選択]ボタンをクリックする。

f:id:BeansWorks:20180902140055p:plain

 

4.フィールドに選択した項目(この場合は「メモ」)が配置される。

  f:id:BeansWorks:20180902140331p:plain

 

5.データベースの管理画面で確認すると自動的にテーブルとリレーションシップが追加されていますので、すぐに使用することができます。

f:id:BeansWorks:20180902140530p:plain