30min CustomApps

Build your own application worth using

CSVファイルのインポートボタンの作成

CSVファイルのインポートで新規レコードとして追加することはもちろん、既存レコードを更新したり、新規レコードの追加と既存レコードの更新を同時にすることが可能です。


1.管理したいデータをCSVで準備します。

f:id:BeansWorks:20170709213457p:plain

 

2.「1行目の使用方法を選択」ウインドウで[フィールド名]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

f:id:BeansWorks:20170709213530p:plain


3.[名前]と[場所]を指定して[保存]ボタンをクリック。

f:id:BeansWorks:20170709213601p:plain

 

4.CSVファイルが取り込まれました。 

f:id:BeansWorks:20170709213634p:plain

 

5.レイアウト1に切り替えます。 

f:id:BeansWorks:20170709213712p:plain

 

6.レイアウトモードで[挿入] メニュー > [ボタンバー] を選択しボタンを配置します。ボタン名をImportとし処理を選択します。

f:id:BeansWorks:20170709214240p:plain


7.処理メニューの[単一ステップ]を選択すると「ボタン処理」ウインドウが開きます。

f:id:BeansWorks:20170709214159p:plain


8.ボタン処理ウインドウで[ステップ]メニュー>[レコード]>[レコードのインポート]を選択します。

f:id:BeansWorks:20170709214032p:plain


9. [インポート順の指定]を選択し、「フィールドデータのインポート順」ウインドウで[インポート方法]を「対象レコードで一致するレコードを更新」にして「アイテムコード」記号を「照合フィールド」に変更して保存します。

f:id:BeansWorks:20170709213957p:plain

 

10.アイテムコードをキーにして内容が更新されるデータベースが完成しました。

f:id:BeansWorks:20170709213818p:plain

 

 

プログラミング書籍なら翔泳社の通販『SEshop』